Thinker Interview 08

M/O
管理本部総務部 主任

専門学校を卒業後、リゾートホテルの接客担当、美容系サイトの編集業務などを経て、2013年3月に株式会社プロレド・パートナーズへ入社。入社後3ヶ月間はコンサルティングサポートとしてデータ入力を担当。その後、管理本部総務部へ異動し現在に至る。

やることが幅広いから面白い

前職は美容業界に特化した仕事だったので、もっといろんな世界を見てみたいと思い、私はプロレドへ入社しました。正直なところ、入社当時は「コンサル会社って何をするところ?」という感じだったのですが、取引先が多岐に渡るので楽しそうだなと思いました。
入社3ヶ月後に配属されたのは、管理本部総務部。どんな仕事をしているのかと聞かれたら、「なんでも屋さん」と答えますね(笑)。社員の入社から退職までのケアも担当しますし、請求書の発行や契約書の捺印など経理のことも少々やります。あとは、ロッカーなどの設備を変える際は、その商品選びや価格協議も行いますし、今の事務所が人でいっぱいになりつつあるので、サテライトオフィスを探すべく、不動産に問い合わせたり、中で使うものを揃えたりも。
大きい会社の総務だと役割分担が細かく決まっているのでしょうが、プロレドの総務はやることが幅広いから面白いです。また、前の職場はルーティンワークばかりでしたが、今は枠がないので「こういうことをやってみたい!」と会社に提案すると、すぐに通ったりするのもベンチャーならではの醍醐味ですね。

社員の提案が通りやすい職場

私が会社に提案し、実現した制度を紹介します。総務部の悩みとして、社員のみなさんが提出物の期限をなかなか守ってくれないという問題がありました。でもだからといって、怒って催促をすると総務部の人間が嫌われてしまいます(笑)。そこで私が考えたのが「チーム制」です。社員をチーム分けてして、期限を守ってくれたチームにはポイントを上げるシステムを今期より導入しました。四半期ごとに集計し、1位のチームにはご褒美を出し、ビリだったチームにはペナルティを課します。ペナルティはイベントの幹事です。 プロレドはバーベキューやハロウィンなどのイベントが多く、その準備と後片付けがけっこう大変なのです。何の理由もなく「幹事をやってください」とお願いしたら嫌がられますが、こうしたゲーム性を加えれば、楽しい上に納得を得やすく、提出期限も守ってもらいやすくなります。
そしてもう一つ。チーム制をきっかけに、社員同士でコミュニケーションをとってほしいという狙いもあります。声をかけあうことによって誰が今パツパツなのかがわかって、助け合うことや、仕事の割り振りを考え直すこともできるというわけです。

頑張った人を正当に評価

合理性が認められれば、やりたいことをやらせてもらえる。それがプロレドという会社です。そもそも私は事務スタッフとして入社したのですが、総務部が忙しくて大変そうだと思って「手伝いたい」と申し出たところ、未経験だけどやらせてもらえて、適性があったためそのまま部署異動となりました。人数が少ないせいもあるでしょうが、社員の声が上に届きやすく、しかも柔軟かつ迅速な対応をしてもらえるのです。
仕事を任せてもらえるスピード感も違います。新卒は2、3ヶ月ひたすら研修という会社も多いですが、プロレドは実戦への投入が早い。研修を受けつつではありますが、最初の1、2ヶ月目でプロジェクトに投入される新卒コンサルタントもいます。
昔ながらの会社ですと年功序列で地位は上がっていきますが、プロレドは頑張った人を正当に評価してくれる会社でもあります。数字のみならず、過程もしっかり見て評価してくれる。頑張れば頑張るほど立場も給料も上がっていくので、成長意欲が旺盛な人にはとても良い環境だと思います。入社された際には、色んなことにチャレンジしてみてください。

エントリーフォームはこちら
Entry
Entry