クライアント・インタビュー

Voice of clients

プロレド・パートナーズのコストマネジメントやコンサルティングサービスを導入いただいた
クライアント様のインタビュー(導入の経緯やプロジェクトの状況、クライアント様個人の感想)をご紹介しています

株式会社リコー様

リコー佐伯様

※2016年11月22日現在

インタビュイー グローバル購買本部 間接材統括室 シニアマネジメント/佐伯 和彦様
業界分類 電気機器
市場名 東証一部【7752】
ホームページ http://www.ricoh.co.jp/

「画像&ソリューション」「産業」「その他」の3つの分野で事業を展開する株式会社リコー様。今回はプロレド・パートナーズのコンサルティングサービスを受けていただいた感想を、グローバル購買本部 間接材統括室 シニアマネジメントの佐伯 和彦様にお伺いしました。

自社でコスト削減に取り組んできた状況について、お聞かせください

間接材(主に、経費)のコスト削減の取り組みに関しては、4年前に「間接材コストダウンPG」を立ち上げ、3年前にグローバル購買本部 内部に「間接材統括室」を設立しました。従来、各部門/部署で価格決定されていた案件を本社系購買組織で扱うことになり、本当に様々な案件に取り組むことになりました。

プロレド・パートナーズにご依頼いただいた経緯をお聞かせください

p9280751
取り組み方に対して明確な方向性を見出せない難しい案件を抱えていたときに、ちょうどプロレドさんと出会いました。時間をかけて私達で解決するという方法もあったのですが、他にもやらなければならない案件が山ほどある状況でした。そのような中、プロレドさんから「(その案件を)成功させられる可能性がある」と提示された資料を拝見すると、非常に説得力があったため、依頼することに決めました。その件では非常に助かりました。

プロレドのコンサルティングを導入する決め手は何だったのでしょうか

一番の理由は、プロレドさんならコスト削減を成功させてくれるだろうという期待、そしてもう一つの理由が成果報酬型の料金体系です。万が一成果が出なければ弊社からの支出はゼロということになるので依頼し易かったですし、プロレドさんが取り組んでも価格が変わらないということは、元々が適正価格であったという証明になり、弊社としても納得感をもって次のステップに進むことができます。コンサルティング費用を支払ったのに成果ゼロという結果は厳しいですから、成果報酬型の料金体系は会社としても踏み込みやすく、社内でコンサルティングの導入を提案する際にも上司を納得させやすいですよね。

依頼してみて良かった点をお聞かせください

自社で取り組んで成し得なかった案件で成果を出していただけた点が良かったです。プロレドさんのように様々な企業様のデータを保有している専門企業だからこそ取り組めるコスト削減のスケール感にも大きなメリットを感じました。(プロレドでは他のクライアントのデータは開示していません)
また、プロレドさんのサービスを利用し続けるのではなく、学んだノウハウをベースに将来的には自社でコスト削減に取り組んでいきたいという弊社の意向を快く受け止めていただいたことも良かったです。コスト削減の成果はもちろんのこと、ノウハウやスキルを伝授していただけたことも大きな財産となりました。

プロレドのコンサルティングの進め方には、どのような印象をお持ちですか

プロレドさんとサプライヤーとの面談に同席した際に、クライアントだけではなくサプライヤーも大切にしているのだなと強く感じました。コスト削減となるとどうしてもサプライヤーに負担をかけてしまうため、サプライヤーにとっては気分が良くなかったりするという話も聞きます。その点でプロレドさんのコンサルティングは、サプライヤーのメリットも確保し、クライアントとサプライヤーの関係性を良好に保つことを重視して進めているところが素晴らしいと感じました。

プロレドのコンサルタントの印象をお聞かせください

会社のコンセプト通りにコンサルタントの方が活動されているなと思いました。一般的には会社のコンセプトと担当者にズレがあるものですが、プロレドさんはコンサルタントの方が会社の思いをきちんと体現してコンサルティングを実施されている印象です。

他コンサルティング会社との違いは何でしょうか

違いと言うより活動を通じて、感じたことは、サプライヤーを大切にする姿勢を貫いている点だと思います。プロレドさんはそれを謳い、なおかつ実行できているというところに大変感銘を受けました。

プロレドのコンサルティングサービスはどういう企業様におすすめでしょうか

自社での取り組みが難しい案件や、取り組み切れていない案件を抱えている企業様にお勧めします。弊社のケースと同じように、難易度が高い案件をプロレドさんにお任せするというのは凄く良いですね。恐らく、どこの企業もコスト削減に取り組んでいると思いますが、十分な成果を出せているという訳ではないと思います。プロレドさんのコンサルティングのやり方でしたら、契約内容を変えることの出来ないサプライヤーに対しても、良好な関係を崩さず、色々な方法で適正価格に近づけていくという力を発揮してくれることかと思います。

プロレドに今後期待することはございますか

p9280751
今のように、企業が自社で取り組むには難しい案件に対して、積極的に取り組まれる姿勢が良いと思います。もちろん簡単な案件でも十二分に削減ができると思われますが、それだけではなく難しい案件であってもプロレドさんの力を発揮して成果を出すことができる、という点が、他社との大きな違いだと思います。
サプライヤーとの関係性を保ちながらコスト削減できるところがプロレドさんの良いところですので、その点を全面に出すことで、プロレド・パートナーズとしての価値が上がるのではと思います。
リコーグループは、ドキュメントマネジメントシステム、ITサービス、プロダクションプリントソリューション、ビジュアルコミュニケーションシステム、デジタルカメラ、産業用製品・サービスなどを世界約200の国と地域で提供するグローバル企業です。
創業以来80年にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能社会の実現への積極的な取り組みを行ってきました。
想像力の結集で、変革を生み出す。リコーグループは、これからも「imagine. change.」でお客様に新しい価値を提供していきます。