クライアント・インタビュー

Voice of clients

プロレド・パートナーズのコストマネジメントやコンサルティングサービスを導入いただいた
クライアント様のインタビュー(導入の経緯やプロジェクトの状況、クライアント様個人の感想)をご紹介しています

マックスバリュ東海株式会社様

db546fef7a53803531e9908a1a28b499.jpg

※2016年4月7日現在

インタビュイー 専務取締役/曽我 順二様
業界分類 小売業
市場名 東証2部【8198】
ホームページ http://www.mv-tokai.com/

食料品を中心としたスーパーマーケットの運営を手がけるマックスバリュ東海様。今回はプロレド・パートナーズのコンサルティングサービスを受けていただいた感想を、専務取締役の曽我 順二様にお伺いしました。

コスト削減コンサルティングを導入した背景をお聞かせ下さい

プロレドさんからの提案を聞き、多くの費目においてまだまだコスト削減の余地があることが分かり、それならば是非依頼したいと考えました。コスト削減を利益拡大に直結させることができるというプロレドさんの見積りは非常に魅力的でした。支払い体系が完全成果報酬というのも魅力的でしたが、社内各部署において今まで充分削減してきたという自負があり、新たな切り口を見つけることができない状況にあり、学習するチャンスでもあると考え、導入を決めました。

プロレド・パートナーズのコンサルティングを導入したきっかけをお聞かせください

初めてお会いした際に、クライアントの要望にきめ細かく対応してくれる会社だと感じ、好感を持ちました。依頼した案件以外のことでもプロレドさんの山本さんが快く相談に乗ってくださり、適切なアドバイスやサポートをしてくださったことが非常に良かったです。他社の場合ですと、案件外、つまり報酬外の業務にはそれほど一生懸命に取り組んでいただけません。その点、プロレドさんはクライアントの役に立ちたいという言葉通り、案件外のことでも一生懸命に考えて汗をかいて実行していただけました。そこが他社との違いのひとつだと思います。

依頼してみて良かった点をお聞かせください

7aff6a522af86c2e99c85fa009e02df9.jpg

一番良かったのは、結果がしっかり出たということです。当初、コスト削減診断による削減想定額を見た時は金額の大きさに驚いたのと同時に、本当にここまで下がるものなのかと懐疑的に見ていました。しかし実際に実行してもらうと、診断の通りの結果となりました。

コスト削減のプロと取組むことで営業部門は営業に専念でき、売上最大・経費最小の理想的な取組みができたと、とても感謝しています。

利益の面で結果が出たことに加え、コスト削減プロジェクトに取り組むことで自社の社員が共に成長できたことも、本当に良かったと思っています。コスト削減のプロセスなどを弊社の担当者にも細かく共有しながら進めていただいたり、サプライヤーとの面談の場に弊社の社員を同席させながら進めていただいたりしたことによって、分析の仕方や費目ごとのアプローチ方法、サプライヤー面談の手法・ノウハウを弊社の社員が学び、成長に繋げることができました。自社に全くなかったノウハウを新たに構築できたと言ってもいいくらいです。
またコスト削減のプロセスとして、それまでアナログで管理していた資料をデータ化し、他の様々なデータと一緒に分析し、さらにその分析したデータを全部渡して頂けたこともとても魅力的でした。長年実行できなかった環境整備をわずか1ヶ月ほどで進めていただき、本当に感謝しています。データを頂けたことによって、今後自社で継続的にコスト削減を進めることもできます。

コスト削減への取り組みを通してお客様やサプライヤーさんからのクレームやトラブルが全く無かったことも、安心してお任せできる理由のひとつでした。また毎週の定例報告と必要に応じたこまめなコミュニケーションでプロジェクトの進捗状況を報告してくださったので、透明性もあってよかったです。

進め方については、分野ごとにコンサルタントの方がつき、弊社のメンバーとプロジェクトチームを作ってくださったことで一体感が出ました。また 社内事情に合わせて、要は当社の歩調に合わせて取り組んでくれたことも非常にありがたかったです。結果を出したいがために自分達のペースでどんどん進めてしまうコンサルティング会社も多いと思いますが、プロレドさんは弊社の内部事情を考えて一緒に取り組んでくれました。この点も他社とは大きく違い、とても感謝しております。プロレドさんのメリットよりも弊社のメリットを最優先してくれたことはありがたかったです。

「プロレドに共感したこと」があるとのことですが、お聞かせ下さい

プロレドさんの佐谷社長からお聞きした創業の想いにとても共感しました。プロレドさんは、IT系企業や金融機関が利益率の高いビジネスを展開している一方、人々の生活に欠かせない食品スーパー等の利益率の低さに非常に苦労していることに疑問を感じ「地域の人々に本当に必要とされている食品スーパーなどの小売業、飲食業のお役に立ちたい」との思いで創業されたと伺いました。そのお話を聞いて、自分たち食品スーパーが行っているビジネスの存在価値を改めて感じさせてもらいましたし、そのような想いでビジネスをしているプロレドさんと一緒に仕事ができて良かったです。
プロレドさんはこれからも社会から必要とされる存在になると思います。

導入を検討している企業様にメッセージをお願いします

a3202f90f1167902899abb7d810dc1ad.jpg

自社で抱えている色々な課題があると思いますが、ざっくばらんに全部プロレドさんにぶつけてみてはいかがでしょうか。それに対するプロレドさんの親身な対応と、様々な実績から提供されるノウハウを見れば、自分たちはどうすればいいのか自ずと答えが出ると思います。導入しようか迷っている企業様も「このような課題を抱えているが、そもそもコンサルティングを導入することがいいのかどうか分からない」と感じているのであれば、まずは率直にプロレドさんにご相談すれば、コンサルタントの方々が的確なアドバイスをくださいます。弊社もこれまで何十年と営業してきた中で、できる限りのコスト削減をしてきたつもりでした。しかし、いざプロレドさんに依頼すると更に大きくコストが下がりました。それだけではなく、プロレドさんのコンサルタントの方と弊社の社員が二人三脚でプロジェクトを進めることによって、弊社の社員も成長できたと思うのです。自分たちに無かったノウハウを得られました。

食品スーパーは保守的な企業様が多いと思います。気持ちは分かりますが、まずはプロレドさんのコンサルティングサービスを利用してみることをお勧めします。利益率が低い業界で、これほど大きなコスト削減を実現していただけるのは、本当にありがたいことですからね。