間接材/直材コストマネジメント

Service

共同購買や原価推計、業務改善などの手法で大きなコスト削減成果を提供します。特にサプライヤーとの条件見直しに関しては、
プロレド独自のアプローチを駆使し、サプライヤーとの信頼関係を構築しながらクライアントにとって最適な結果を導き出します。

間接材/直接材のコストマネジメントとは?

直接材と間接材とは?

直接材は、商品を製造する際の原材料や部品、工場での製造コストといった、直接製品製造にかかる費用を指します。
間接材は、それ以外のコスト全般を指しますので、多くが企業会計における勘定科目で「販売費及び一般管理費」に区分されている費目となります。光熱費や不動産賃料、人件費、広告宣伝費などが大きな費目となり、それ以外にも事務消耗品費、施設保守料金、通信費、印刷費、清掃や警備などの業務委託費、リース料等々多岐にわたります。

プロレドの対象とする費目

プロレドでは、一般的なコスト削減コンサルティング会社が対象とする間接材コストだけではなく、非常に難易度が高いとされる水道光熱費や金融の手数料などの金融系コスト、マーケティングROI(mROI)の観点が必要な広告宣伝費などの専門的な費目も得意とし、さらには直接材コストに分類される原材料や副資材なども対象としたコストマネジメントを提供しています。

プロレドの独自のコスト削減手法

プロレドでは、共同購買の仕組みや、原価推計から導かれたターゲット金額の推定など、様々な手法を駆使して、大きなコスト削減成果の実現に取り組んでいます。その上で、専門的な知見とコスト構造の理解、実績からくる相場価格・市場価格の把握、最適な条件を引き出すヒアリング力などから、多くの実績を出しています。

heat_image_1-1a_7re