エネルギーコストマネジメント

Service

電気、ガス、水道(水道光熱費)等のエネルギーコストは大きな支出のある費目に当たります。
プロレドでは、節電や節水といった一般的に取り組むユーザーマネジメント(利用量の削減)だけではなく、
供給側との条件の見直しなどサプライヤーマネジメント(供給単価の削減)をコンサルティングする独特の手法で
大きな成果を提供いたします。

エネルギーコストマネジメントのサービスメニュー

電気料金のコストマネジメント

電気料金コストの削減は「単価の削減」と 「量の削減」の2つに大きく分かれます。
①、②、③は電力会社や新電力(PPS)、賃貸人との協議を行なう「単価の削減」です。
⑤、⑥は設備の導入や、節電「量の削減」です。
④は、高圧電力を受電している施設でのキュービクルなどの間接的なコストの削減になります。

プロレドでは、クライアントの状況に合わせて①~⑥の手法を組合わせることで、大きなコスト削減実績を上げています。

heat_image_1-1a_19re

ガス料金・水道料金のコスト・マネジメント

ガス料金のコスト削減は基本的に「単価の削減」がメインとなります。
2017年4月(予定)からは都市ガスが自由化され、プロパンガスと同様に施設規模に関わらず価格の見直しが可能になります。
費用がかかりますが、エネルギー効率の良い設備を導入することで「量の削減」も可能です。

水道料金のコスト削減は基本的に機器導入による「量の削減」がメインになります。
施設規模や、使用用途によっては、水の調達方法変更による「単価の削減」、また、自治体によっては減免制度を上手く活用し、下水料金の削減も可能です。

プロレドでは、価格、契約内容の見直しはもちろんのこと、効果的な設備、機器導入のサポートも行なっています。

heat_image_1-1a_20re