お知らせ

News

プロレド・パートナーズのニュースリリース及びお知らせです

【セミナーレポート】三菱UFJリサーチ&コンサルティング様主催『管理部門のための「コスト削減」を成功に導く交渉術』

三菱UFJリサーチ&コンサルティングセミナー1
8月24日に三菱UFJリサーチ&コンサルティング様主催のセミナー『管理部門のための「コスト削減」を成功に導く交渉術』にて、プロレド・パートナーズの社員が登壇させていただきました。

【登壇者】
プロレド・パートナーズ 代表取締役 佐谷 進
プロレド・パートナーズ コンサルティング第1部 宇野澤 将行

まず、はじめに交渉の自己診断を行います。
「サプライヤーとの条件交渉の際に、必要だと思うものは何か」チェックリストを基に、参加者様と答え合わせをしながら交渉について大事にすべき考え方を整理していきました。中には判断が難しい問題もあり、参加者様は悩みながら回答される場面もありました。

その次に、過去の取引において、成功事例・失敗事例をポストイットに書き出し共有します。普段他社の管理部、バイヤー担当者の交渉方法を聞く機会はないため、自社の状況に照らし合わせてノウハウとして構築することができます。

演習問題では、シミュレーション問題を通して学びます。「交渉に関わる変数には、金額以外でどういったものがあるか(家電量販店がメーカーからパソコンを仕入れる場合で考える)」「交渉相手が感情的な場合にどのような対応をとりますか」など複数のテーマで考えます。
演習を通して、交渉をする際に自社にとって本当の意味での最適な条件を引き出すためには、金額以外の項目にも注目しなければならず、またどこにポイントをおきチェックすれば良いかを学びました。

最後のロールプレイングでは、チームに分かれて仮想テーマに沿って実際に交渉を行います。演習で学んだ項目を意識しながら、相手が考えている着地点を探りながら進める交渉は、非常に白熱しており、時には頭を抱えながらも交渉に励む姿が見受けられました。
つい自社の条件ばかりを提示しがちな交渉において、相手が求めている条件をしっかりとヒアリングし、お互いにとってベストな取引をすることが重要ですが、ロールプレイングを通してこれらのことを理解・ノウハウとして蓄積できたのではないかと思います。

【参加者からの感想】

  • 交渉の進め方がよく理解できた(業務部 調達)
  • 価格だけでなく条件を金額換算するという考えが役に立った(総務部)
  • ヒアリングすることの重要性がよく理解できた(人事総務部)
  • 相手との信頼関係が重要で、win-winの交渉でなければならないのだと思った(経理部)
  • プロレドでは、交渉術だけではなく、コスト削減、セールスマネジメントのコンサルティング等の講演を多数手掛けています。

    今後のセミナー情報を受け取りたい方や、プロレド・パートナーズのコストマネジメントコンサルティングにご興味のある方はお問い合わせよりご連絡くださいませ。